インスパイア UC1 廃車時 費用無し 買取 方法

インスパイア(UC1/CP3)の廃車時に費用無しで買取を可能にする方法

フェアレディZ,Z33,Z34

事故車,廃車,査定,買取,かんたん車査定ガイド


ホンダのインスパイア(UC1/CP3)は、クラス的には
アコードとレジェンドの中間にあたる車種で、
登場したのは1989年でボディタイプはセダンです。

 

 

初代と2代目(UA1)はハードトップセダンでしたが、
3代目(UA4)以降からはセダンとなり、
1992年には3ナンバー車となります。

 

 

2012年には生産を終了していますが、
今でも人気車で、市場実績は23年にも及び、
多くのユーザーに親しまれてきました。

 

 

3500ccのエンジンから繰り出される最高出力は280PSで
力強い加速性と安定した走行には定評があり、
安全面では、ホンダのアクティブ・クルーズ・コントロールで高速走行時、
ミリ波検知システムによって一定の車間距離を維持します。

 

 

また、
プリクラッシュセイフティシステムによって衝突回避を
アシストする機能も搭載しています。

 

 

このようなインスパイアですから中古車販売市場でも実績をあげています。

 

 

よって
たとえ事故車であっても市場に投入されていて、
その台数も少なくはありません。

 

 

インスパイア(UC1/CP3)が事故車でも高値の理由

インスパイア,UC1

その理由としては、インスパイアの魅力が最大の理由となりますが、
その他にも幾つかあり、通常事故車と言う事になれば
廃車処分しかないと考える傾向が強いでしょう。

 

 

しかし、近年では事故の程度や修復の度合いにもよりますが、
市場に流通させられ、ディーラーには修復歴がある事を
表示する義務がありますので、それを承知で販売しようとし、
ユーザーもその情報をディーラーから受け取り判断するのです。

 

 

一般的に修復車は価格を低く設定してありますが、
インスパイアの場合はそれでも100万円を超える車もあります。

 

 

ディーラーとユーザーの利害が一致すれば商談成立となります。

 

 

インスパイア(UC1/CP3)は海外でも人気

インスパイア,UC1

インスパイアは海外市場でも人気があり、
海外市場では事故車であっても修復して使うと言う
考え方が一般的ですから、流通する台数も多いのです。

 

 

このように事故の程度が軽微で十分走行が可能な
インスパイアは高く買い取られるのです。

 

 

たとえ事故の程度が甚大で走行が期待出来ない場合でも、
インスパイアは買い取られます。

 

 

それは部品に目が向けられているからで
中古の部品は価格が割安ですから、
修理代を安くしようとするユーザーには好都合なので
不動車であっても価格が付きます。

 

 

このように廃車処分しかないとされてきた事故車も、
再利用のサイクルの中に含まれるようになりました。

 

 

特に海外市場では大きな比率を占めるようになっているのです。

 

 

よってインスパイア(UC1/CP3)は事故車や廃車であっても
高値で買取られるのです。

 

 

諦めていた方も一度買取査定サイトを
利用されることをおすすめします。

 

事故車,廃車,査定,買取,かんたん車査定ガイド